女性がなりやすい病気|夫婦のセックスレスを解消するための最適な方法|悩みをふっとばす
婦人

夫婦のセックスレスを解消するための最適な方法|悩みをふっとばす

女性がなりやすい病気

ウーマン

女性の発症が多い病気として、カンジダがあります。カンジダとは、性器内でカンジダ菌が増殖することによって起こります。女性の70%以上の女性が、人生で1度は経験するもので、約45%の女性が2回以上発症しているのです。カンジダが発症しやすい状況というのは、免疫力が低下しているときです。そのため免疫力が高まることで、自然に治るケースもあります。そのため軽度であれば放置していても問題ないのですが、強い痛みやかゆみ、おりものの異常などがある場合は、病院で検査したほうが良いです。また、カンジダに感染した状態で性交渉を行なうと、パートナーに移ってしまうので注意しましょう。カンジダの検査は、産婦人科で行なうことができます。検査では、まずおりものを採取して、内部に繁殖している菌を調べてます。そして検査結果が出たら、治療に入っていきます。カンジダの治療法は、患部を清潔に保ち、免疫力を高めるために規則正しい生活を送るのが基本となります。また、菌を洗い流すために膣洗浄を行なったり、免疫力向上のためにビタミン剤を処方したりすることもあります。症状がなくなったからといって、治療を途中で止めてしまう方もいますが、それは避けたほうが良いです。症状がなくなっても、菌は残っているので治療を継続するべきです。カンジダを再発させないためには、日頃から予防することが大切です。免疫機能の低下や妊娠、糖尿病などが再発する原因となります。そのため日頃から体調に気をつけたり、免疫力を高めたりすることで、カンジダを予防できます。